ヒビが入ったガラスをガラス修理するならデザインガラスと交換

迷ったらガラス修理業者の点検サービスを利用

ガラスにヒビが入っても、交換が必要なのか自分で判断することは難しいです。ヒビ割れが気になる人は、ガラス修理業者に相談して点検サービスを利用してみてください。修理業者が駆けつけて、ヒビの状態を確認して交換が必要か判断してくれます。その日にガラス修理や交換を依頼しなくても、現地調査を行なうことでガラスの状態と見積もり金額を正確に把握することが可能です。ガラスが気になる人は、まずは相談して修理業者の意見を取り入れることが重要です。

ヒビが確認できたらガラス修理の時期

割れたガラス

窓ガラスは衝撃を与えてしまうとヒビが入ってしまうことがあります。ですが、何もしていないはずなのにヒビが入ってしまうことがあるのです。知らない間にヒビが入る原因について紹介しているため何が関係しているのか見てみましょう。ガラス修理を行なう際にも役に立つかもしれません。

熱割れによる破損
窓ガラスは日中太陽の光が直接当たることによって、ガラスの温度が上がり膨張します。ですが、内側のガラスには太陽が当たらないので、内側は膨張することはありません。ガラスが高温と低温の箇所に分かれて、温度差が大きくなることで耐えることができなくなりヒビ割れが起きてしまいます。これを熱割れといい、ガラスにヒビが入ってしまう原因なのです。ガラスのコップに熱湯を入れることで、ヒビが入ってしまう現象と同じことが窓ガラスにも起きてしまいます。熱割れを起こしている場合早急にガラス修理を行なう必要があります。
その他の原因
窓ガラスのフレーム部分が錆びてしまう錆割れという原因があります。フレーム部分は金属で、それが雨水で錆びてしまい金属が膨張することによりヒビが入ってしまうのです。ガラスの中に金網が入っていて、その網が錆びても同じようにヒビが入るので気をつけてください。他には、強化ガラスにもヒビが入ることがあります。強化ガラスは頑丈ですが、傷が内部まで進むと内部の膨張が原因でヒビが入る自爆という原因も関係しているのです。強化ガラスが割れてしまった時には素早い対応が求められます。二次災害が起こってしまう前にガラス修理をすることが大切です。

このようなことが原因でヒビが入ってしまうことがあります。ヒビが入ったガラスは耐久性を失い、簡単に割れてしまう危険性があるのです。割れて怪我をする前に早めにガラス屋に相談してガラス修理を行なうようにしてください。

美観性を高めるデザインガラスに交換する

デザインガラスとは、普通のガラスと違って室内の雰囲気を変えることができる加工したガラスのことをいいます。教会のステンドグラスのようにガラスに様々な模様が入っていて、そのガラスに太陽の光が当たりその模様で空間の装飾を行なえるというメリットがあるのです。デザインガラスを1枚取り入れるだけでも、部屋の印象を変えることができます。室内の印象を変えたり、住宅の美観性にこだわりたいという人にはデザインガラスをおすすめです。

TOPボタン